診療のご案内

女性外来

顕微授精(ICSI)

顕微授精には、いくつかの種類がありますが、現在は細胞質内精子注入法(ICSI)が一般的です。細胞質内精子注入法(ICSI)について、適応(対象)、方法、成績、費用、問題点などを説明します。
顕微授精(ICSI)は体外受精・胚移植に加えて行われる手技です。採卵、胚移植などは一般の体外受精・胚移植と同様です。体外受精・胚移植のページもあわせてご覧ください。

体外受精・胚移植(IVF-ET)

1. 適応(対象)

顕微授精は、「男性不妊症や受精障害など、本法以外の治療によっては妊娠の可能性がないか極めて低いと判断される(日本産科婦人科学会 会告1992年)」場合に適応されます。具体的には①重症乏精子症 ②精子無力症 ③精子奇形症 ④重症精子減少症、精子無力症および精子奇形症の合併症例 ⑤不動精子 ⑥精巣上体精子あるいは精巣内精子による受精 ⑦精子の透明帯や卵細胞膜貫通障害 ⑧抗精子抗体陽性などの場合で、通常の体外受精を行っても受精しなかったり、受精しないと判断される夫婦が適応(対象)となります。

2. 方法

射出された精液や、手術で取り出した精巣内精子から、精子の浮遊している溶液を作ります。運動精子を卵子の細胞質内に注入しても受精しません。そこで精子の尾の部分を注入用の針で容器の底に押しつけて精子の運動を止めます。注入用の針に1匹の精子を尾部の方から吸引して、卵子の細胞質内に刺し、細胞質を少し吸引して卵細胞膜を破ったことを確認したうえで精子を注入します。

3. 成績

当センターの顕微授精(ICSI)の妊娠率は、採卵周期あたり19%、移植周期あたり24%でした(2004年)。

4. 費用

顕微授精は健康保険の対象になりません。

詳しくはこちら

5. 問題点・リスク

(1) 通常の受精の過程では、何億という数の精子から1匹だけが卵子と受精をします。その過程で精子が選択され、受精機能が異常な精子や、遺伝的なリスクを持った精子の多くは受精できずに排除されてしまいます。一方、顕微授精の場合には、こうした生理的選択が働かず、ICSIの施行者が1匹の精子を選択することになります。細心の注意を払っても、受精機能が異常な精子や遺伝的なリスクを持った精子を受精させる可能性があります。
(2) 高度な乏精子症や無精子症の男性には染色体に異常がある確率が、一般(1%未満)と比べて2.1%~12%と高く、特に均衡型の異常やクラインフェルター症候群などが多くあります。均衡型の異常は必要な46本の染色体が過不足なく存在するために、健康が損なわれることはありません。しかし、精子は形成される過程で、染色体数が体細胞の半分の23本になりますが、この過程で必要な染色体に過不足が生じる可能性があります。この染色体数に過不足のある精子が受精して妊娠すると児に先天異常が起きる可能性が考えられます。
クラインフェルター症候群の男性の精子は正常なこともありますが、クラインフェルター症候群ではない男性に比較すると、精子の染色体異常が多くなります。顕微授精ではそうした精子を受精させてしまうリスクがあります。
また、父親の染色体は血液検査で、胎児の染色体は羊水検査で調べることができます。
(3) 高度な乏精子症や無精子症例の約15%では造精機能関連遺伝子の異常があるといわれています。例えばAZF(azoospermic factor)という造精機能関連遺伝子は、男性である事を決めているY染色体の長腕に存在するので、ICSIで妊娠し生まれた児が男児の場合には、その児も乏精子症や無精子症になることが考えられます。
(4) 頻度に先天性に精管が欠損して無精子症になる疾患に嚢胞性線維症cystic fibrosisがあります。嚢胞性線維症は欧米白人に多く日本人には稀ですが、この疾患は、原因遺伝子が第7番染色体長腕にあり常染色体劣性遺伝をします。この場合、ICSIによって生まれた児も嚢胞性線維症になることが考えられます。

6. 代替手段

通常の体外受精法を試みるか、または極めて微量な培養液中に精子をいれて、精子を高濃度とし、卵子と受精しやすくする方法(マイクロドロップ法)もありますが、ICSIと比べると受精率、妊娠率は低率です。

7. 日本または世界の顕微授精(ICSI)の位置づけ

ICSIは、1992年のPalermoらによって世界で初めて成功しました。1995年には50,771周期に行われ、採卵当たりの臨床妊娠率、生産率はそれぞれ21.7%、15.9%と報告されています。
日本では、1992年には26施設で963周期のICSIが行われ、臨床妊娠率、生産率は14.5%、3.2%でした。1996年には106施設に増加し、治療周期数も13,175周期と増加、採卵当たりの臨床妊娠率、生産率は21.2%、15.0%と高い値になっています。

8. 学会等への報告と個人情報について

顕微授精を行うすべての病院は、日本産科婦人科学会に報告する義務があります。報告の内容は、顕微授精の症例数、妊娠例数などで、氏名などの個人情報が報告されることは絶対にありません。
また、当センターとして上記のデータを研究に使う場合がありますが、この場合にも、氏名などの個人情報が明らかになることはありません。

ご予約・ご相談はこちら047-322-0151リプロダクションセンターまで
  • 女性外来担当医スケジュール
  • 男性外来担当医スケジュール
  • 東京歯科大学 市川総合病院
ページの先頭へ戻る
東京歯科大学市川総合病院リプロダクションセンター/〒272-8513千葉県市川市菅野5-11-13/TEL.047-322-0151内線4300