診療のご案内

女性外来

人工授精(AIH)

人工授精(AIH)とは

人工授精には、精液を子宮の中に直接注入する方法 (IUI: intrauterine insemination) と子宮頸管内に注入する方法 (ICI: intracervical insemination) がありますが、子宮の中に直接注入する方法 (IUI) が主流です。当センターでもこの方法で行っています。
体外受精と混同されている方がいらっしゃいますが、人工授精では子宮内に入った精子が卵管内で卵子と自然に受精しますので、自然に近い治療といえます。

人工授精(子宮腔内注入法(IUI))の方法

どのような場合に行うか

【1】 精子に異常がある方
例えば、精子数が2000万/ml以下と精子数が少ない精子減少症の方や、精子の運動率が50%以下と低い精子無力症、あるいは両者の合併した精子減少無力症などの場合が最も多い対象です。また、精液の量が0.5ml以下と少ない方も対象となります。
【2】 性交後試験(フーナーテスト)が悪い方
頸管粘液がねばり強かったり、炎症があったり、あるいは分泌量が少ない場合などでは腟内の精子が子宮腔内に十分に進入できません。このような場合、直接精液を子宮腔内に注入することが効果的です。
【3】 性交障害のある方
勃起が不完全で性交ができない方や、勃起はするものの性交では腔内に射精できない方(射精障害)が時にみられます。あるいはsexlessによる不妊症の方も最近増えています。このような場合、マスタベーションで精液を採取し子宮腔内に注入すると有効です。また奥さま側に強い性交痛があり性交ができないような夫婦にも有効です。
【4】 原因不明不妊に対して
原因不明不妊にも本法は有効であると考えられています。

いつ行うか

排卵のタイミングに合わせて行います。排卵日近くに来院してもらい、頸管粘液の性状と超音波検査で卵胞(卵子の入った袋)の発育をチェックすることにより、なるべく排卵直前になるように治療日を決めます。hCGという注射を打って排卵を促して、翌日にAIHすることもあります。

どのように行うか

  • AIH当日、採取して2時間以内の精液を持参してもらいます (容器は外来でお渡しします)。容器に氏名を明記し、午前9時までに受付に提出してください。
  • 精液は、なるべく運動している精子を集めるように、洗浄濃縮という操作をします。これにより、精子の運動率が上がり、子宮内に注入する液の量を少なくすることができます。この操作に、90分くらいかかります。
  • 処理した精液(約0.2ml)は細いプラスチックの注射器に入れて、子宮内に注入します。治療に要する時間は1~2分程度、痛みはほとんどありません。
  • 約15分安静にしていただき、帰宅となります。
  • 排卵のタイミングを合わせるためにhCGの注射をAIH前日か当日にしていただき、さらにAIH 2日後・4日後くらいにもhCG注射をすることで、黄体ホルモンの分泌を促し着床の環境を整えるようにすることもあります。
  • 精液や腔内にある細菌が、精子と共に子宮に注入されると、子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎を起こす可能性があります。生きている精子を使うので、強力な消毒はできません。 AIH当日から2日間の抗生剤を使用することで感染を予防します。
  • 人工授精をした周期でも、より妊娠の確率を高めるためにさらに性交をすることは問題ありません。特に人工授精が排卵日より早すぎた場合には、基礎体温が低い間は妊娠のチャンスが続くと考えられます。

AIHの合併症

人工授精で、稀に感染、出血や疼痛などの合併症が起こります。感染は、主に腟内の細菌が子宮や卵管に注入されることで起こります。授精の日から通常1~2日してから、下腹部の重い感じや鈍い痛みが出て、次第に強くなります。同時に熱が出てきます。この様な場合はすぐに病院へ連絡してください。出血は、主に子宮頸管をカテーテルが通るときにかすり傷ができるためで、通常2~3日で止まります。また出血がなくても、子宮頸管にカテーテルによる傷が一時的にできることがあり、腰や肛門の辺りの軽い痛みとして感じられることがありますが、通常2週間程度でなくなります。

  • 血の混じったおりものが出ることがありますが特に安静の必要はありません。
  • 発熱や痛みなどは、感染の徴候である場合もありますので、来院してください。

妊娠の可能性はどれくらいか

人工授精は、自然妊娠よりも妊娠の確率はあがります。しかし、人工授精したからといって、それほど高い確率で妊娠するとは限りません。人工授精による妊娠の確率(成功率)は、施設や方法により多少の差はありますが、だいたい5%から10%くらいといわれています。数字からは低いような印象を持たれるかもしれませんが、AIHを行う人は、自然には妊娠しにくい患者さまです。自然には妊娠できない不妊患者さまが、AIHで10%近く妊娠する、と考える方が正しいでしょう。

何回くらい行うのか

一般的にAIHで妊娠できた方のほとんどは、5~6回目までに妊娠しています。それ以上続けても、妊娠に至る可能性は低いといえます。このため、5~6回やってみて妊娠に至らない場合は、ステップアップ (腹腔鏡検査や体外受精) を考えた方がよいでしょう。

費用

AIH1回につき、約2万円の費用がかかります。

人工授精をお受けになる患者さまへ

人工授精 (artificial insemination with husband's semen, AIH) とはご主人の精子を奥さまの子宮口より子宮腔内へ注入して妊娠をはかる方法です。
夫婦が希望し、精子減少症でなければそのまま精液を使って行うこともできますが、精子洗浄用の培養液を使って、精液から運動性の良い精子だけを遠心分離により選別して行うことが多くなりました(洗浄精子による人工授精:w-AIH)。これにより、ご主人の精液中の細菌や粘液など子宮腔内や骨盤内感染の原因となるものも除くことができることもあり、当センターでは基本的にw-AIHを施行しています。
しかし、稀にではありますが、洗浄・濃縮の過程を行ったにもかかわらず、逆に精子数が減少することがあります。これは形態不良の精子が多い場合に起こりやすく、遠心によりこれらが取り除かれてしまうことによります。場合によっては、洗浄・濃縮処理後の精液中の精子が極端に少なくなってしまったり、ゼロになってしまったりすることもあります。
このような場合でもカウントした部分以外には精子が居る可能性もあることから、子宮腔内への注入は無駄ではないとも考えられますが、実際に注入するかどうかは奥さまとご相談のうえ、決めさせていただきます。但し、もし注入しなかった場合においても、精液の処理は既に行っている関係上、規定の金額はいただくことになりますのでご了解ください。
この点につきましてご質問などございましたら、外来受診時に遠慮なく担当医までお問い合わせください。

ご予約・ご相談はこちら047-322-0151リプロダクションセンターまで
  • 女性外来担当医スケジュール
  • 男性外来担当医スケジュール
  • 東京歯科大学 市川総合病院
ページの先頭へ戻る
東京歯科大学市川総合病院リプロダクションセンター/〒272-8513千葉県市川市菅野5-11-13/TEL.047-322-0151内線4300