診療のご案内

女性外来

検査・治療の基本方針

なかなか妊娠しない場合、その原因としては子宮や卵管の異常、排卵やホルモン分泌などの卵巣機能の異常、精子の異常などさまざまなものが考えられます。適切な治療には、まず、不妊の原因を診断する必要があります。当センターでは、原則として、最初に不妊の原因を検査してから、治療の方針を立てています。
不妊の検査は、月経周期のどの時期に行うかが大切です。基礎体温を表に記入し、「一般不妊症検査」や「全般的注意事項」のページも参考にして、適切な時期に外来を受診してください。不妊症一般検査は一部の検査を除いて予約制ではありません。
また、検査をしても原因が明らかでない場合や、ひとつの原因に絞ることが困難な場合などは、より自然に近い治療法からトライし、段階的に高度な治療法に移行する方針をとっています。専門医による相談、排卵誘発、タイミング法、洗浄人工授精、体外受精-胚移植(IVF-ET)、顕微授精(ICSI)、凍結胚を用いた胚移植などに加えて、腹腔鏡による検査・癒着剥離術などの治療や、子宮鏡による検査・治療などを行っています。

不妊治療について

全般的注意事項
不妊治療や検査に関する全般的な注意事項をご覧いただくことができます。必ずはじめにご確認ください。
不妊症検査一覧
当センターの女性外来で行っている不妊症検査の一覧です。検査時期や方法など、詳しい説明もご覧いただけます。
多胎妊娠のリスクと予防
2人以上の胎児を同時に妊娠している状態を多胎妊娠といいます。この多胎妊娠のリスクや予防方法について説明しています。
料金表
検査および治療の各種料金を掲載しています。保険が適用されるか、自費負担となるかもご確認いただけます。

不妊治療の方法

人工授精(AIH)
人工授精は、子宮に注入した精子が卵管内で卵子と自然に受精し、妊娠します。自然妊娠に比較的近い方法です。
体外受精・胚移植 (IVF-ET)
卵子と精液を一度取り出し、培養液の中で受精させた後、受精卵を子宮の中に戻すことで妊娠する方法です。
顕微授精(ICSI)
体外受精のひとつで、精子を直接卵子に注入する方法です。顕微授精にはいくつか種類がありますが、一般的な細胞質内精子注入法について説明しています。
胚凍結法
体外受精で得られた胚の数が多かった場合、凍結保存が可能です。その周期に妊娠しなかったとき、後の周期に使用することができます。
排卵誘発剤
排卵がない、黄体機能不全があるなど、卵巣機能障害があるときに使用するほか、複数の卵を排卵させ、妊娠の可能性をあげる目的で使用することもあります。
非配偶者間人工授精(AID)
非配偶者間人工授精は、提供された第三者の精液を使用して妊娠する方法です。治療法のほか、さまざまな問題点についても説明しています。
※現在新たなAID患者さんの受け入れを中断しております。
ご予約・ご相談はこちら047-322-0151リプロダクションセンターまで
  • 女性外来担当医スケジュール
  • 男性外来担当医スケジュール
  • 東京歯科大学 市川総合病院
ページの先頭へ戻る
東京歯科大学市川総合病院リプロダクションセンター/〒272-8513千葉県市川市菅野5-11-13/TEL.047-322-0151内線4300